3畳図書スペース

3畳の部屋で読んだ本についてコツコツと書いていきます

【刻読7冊目】『豊田章男が愛したテストドライバー』世界のトヨタに影響を与えた人物

トヨタ自動車社長、豊田章男氏の師匠「成瀬弘氏」という人物とその教え 1963年にトヨタ自動車に入社しメカニックを経てテストドライバーとしてクルマの開発現場に立ち続けた「成瀬弘氏」。トヨタ創業社の孫「豊田章男氏」の運転技術の師匠。成瀬弘氏がどんな…

【刻読6冊目】『40歳でGAFAの部長に転職した僕が20代で学んだ思考法』は考えることについて分かりやすく書かれた良書

GAFAの部長になった著者が恩師から学んだキャリアの基礎となった仕事の考え方 40歳でGAFA(Google、Apple、フェイスブック、アマゾン)のシニアマネージャーになった著者。その原動力となった仕事の考え方は20代の頃、会社の上司であるN氏から教わったもので…

【刻読5冊目】『自分の小さな「箱」から脱出する方法』は人間関係に悩む方の処方箋

この本との出会ったのは12年前でした。その頃は営業になったばかり。慣れない仕事でが忙しかった時でした。なかなか家族との時間が取れず、子供がまだ幼く子供の世話で忙しい妻と喧嘩が絶えませんでした。 会社でのミーティングで「妻との喧嘩が絶えなくて。…

【刻読4冊目】『億を稼ぐ積み上げ力』やるべきことを積み上げて成長するためにはどうすれば良いか

ブログ、twitter、Youtubeとマルチに活躍されているマナブさんの本です。マナブさんのブログ「manablog」を拝見したことがあります。タイトルに「積み上げ力」とあるように、積み上げる方法=継続のしかた、何を積み上げれば良いのか、環境の作り方について…

【刻読3冊目】『すいません、ほぼ日の経営』会社の経営にこうであるというカタチは無い

自分は「ほぼ日」のファンです。毎年ほぼ日手帳とカレンダーを楽しみに購入しています。また「ほぼ日刊イトイ新聞」で公開されるコンテンツを読んでいます。おもしろいコンテンツや商品を生み出す「ほぼ日」が実際どういう会社なのか、どういう方法で運営さ…

【刻読2冊目】『人を動かす』で自分が動かされた

自分がはじめて読んだビジネス書 この本に出会ったのは偶然でした。今から十数年、当時会社では幹部向けに社長の読書会が開かれていました。その時に使われた本だったのを当時の上司が興味がないため貸してくれました。それまではビジネス書や自己啓発書とい…

【刻読1冊目】『金持ち父さん貧乏父さん』で貧乏思考について学ぶ

読もうとしたきっかけ 我が家はこどもが3人います。こどもの養育費にすごくお金がかかることがいろいろなところから情報として聞こえてきます。また終身雇用が崩れてしまい、老後のお金が不足することも心配です。そのようなお金の心配を少しでも減らすため…

はじめまして。デラめがねと申します。

初めまして。デラめがねと申します。 「3畳図書スペース」に来訪いただき、ありがとうございます。 このサイトは雑記ブログです。 主に『独学大全』に載っていた「刻読」という手法を用いて読んだ本について記録したいと思い立ち上げました。本以外でも気に…