3畳図書スペース

3畳の部屋で読んだ本についてコツコツと書いていきます

『人を動かす』で自分が動かされた

自分がはじめて読んだビジネス書

この本に出会ったのは偶然でした。
今から十数年、当時会社では幹部向けに社長の読書会が開かれていました。その時に使われた本だったのを当時の上司が興味がないため貸してくれました。それまではビジネス書や自己啓発書というものを知らなかった自分はその内容に驚いた覚えがあります。

 

本の簡単な紹介

題名:人を動かす
原題:How to Win Friends and Influence People (友をつくり人を動かす法)
著者:デール・ブレッケンリッジ・カーネギー (Dale Breckenridge Carnegie出版:1936年

『道は開ける』と供に、デール・カーネギーの代表的な著書。自己啓発書の元祖と称されることも多い。著者の経験に基づく多くの例を挙げている。日本国内で430万部、世界で1500万部以上を売り上げている。発売から80年以上売れ続けている超ロングセラーである。

Wikipediaより

構成については

  • PART1 人を動かす三原則
  • PART2 人に好かれる六原則
  • PART3 人を説得する十二原則
  • PART4 人を変える九原則
  • 付録 幸福な家庭をつくる七原則

という構成になっています。

 

気になった箇所

気になった箇所の引用です

・人間の持つ性情のうちで最も強いものは他人に認められることを渇望する気持ちである
・議論に勝つ最善の方法は、この世にただ一つしかないという結論に達した。その方法とはーー議論を避けることだった。
・人から押し付けられた意見よりも、自分で思いついた意見のほうを我々ははるかに大切びするものである。
・相手の考え、行動にはそれぞれ相当の理由があるはずだ。その理由を探し出さねばならない
・相手の意見に敬意を払い、誤りを指摘しない


ビジネス書初心者でも構成がわかりやすい

初めて読むビジネス書でしたがとても読みやすくスラスラ読むことが出来ました。
理由は構成がとてもわかりやすいからです。まず章のタイトルがそのまま著者の言いたいことになっています。そしてタイトル後の最初と最後にタイトルの理由の説明、その間に具体でな体験談というカタチになっています。
章のタイトルと最初と最後をと読めばその章の最低限の言いたいことが分かります。
今では自分もいろいろビジネス書を読むのですが、『人を動かす』ほど分かりやすい構成の本はまだ出会ったことがありません。大体の本は著者の言いたいことを探すはめになります。分かりやすい構成なので頭にも入りやく試すことができました。

 

豊富な体験談が他人事を自分ごとに

これでもかというほど豊富な体験談が載っています。
著者自身の体験談、著者のセミナーに参加した人、歴史上の偉人など様々な人の体験談があります。
たくさんの体験談を読んでいると自分も同じような経験をしていることに気がつきます。そうすると本に書かれている体験談が他人事ではなく自分事になってきます。
自分と同じような考え方で失敗した人がどう解決したかを知ることで、自分も同じように解決できるのではないかと思い興味が湧いてきます。
自分の経験にあてはまらない場合ありますが、経験としてとても参考になります。


相手の意見に敬意を払って誤りを指摘しない

本に書かれていることで実践したことはいくつかあります。
本に書かれている37原則から自分でもすぐにできそうなことをやり始めました。
一番実践したのは「相手の意見に敬意を払い、誤りを指摘しない」です。
『人を動かす』を読む前は人に対して間違った行動ばかりしてきました。
人に対して高圧的な態度をとったり、議論をしてやりこめたり、上から目線で命令したりと本に書かれてる失敗者と同じような態度で人と接していました。
しかも間違っていると気がつかず自分は正しいと思ってやっていました。

 

また当時は職場内で現場から営業に変わったばかりでした。
今までは「仕事を受ける立場」だったのが「仕事を依頼する立場」に変わりました。
自分にとっては大きな違いでした。慣れないせいでうまく依頼が回せないことや、依頼の時に納得がいかず強く言ったりして、気まずい雰囲気となったりしました。
本に書かれていることを実践することで仕事が徐々にうまく流れるようになりました。 

最後に

『人を動かす』に出会ったのは偶然でした。1936年に発行されたということで約70年たったあとの自分も助けられたので名著というのにふさわしい本です。
この本で自分が変わってから仕事で忙しい日々でしたが、結果的にたくさんの人に助けてもらうことができました。本当に出会えてよかったです。
30歳手前で自分はこの本に出会いました。もっとはやく、例えば学生時代に出会っていたら、もうすこし豊かな学生時代になっていたかもしれません。
社会人だけでなく学生の方にもオススメの本です。

『金持ち父さん貧乏父さん』で貧乏思考について学ぶ

本書を読もうとしたきっかけ

昨年マイホームを手に入れました。そのため少なくない金額の住宅ローンを借り、毎月偏差値しています。このままで大丈夫なのか?

将来のお金のことが心配になりお金の勉強のため、お金の本でベストセラーだったこの本を読むことにしました

 

この本について簡単な紹介

本書は1997年に刊行されました。著者のロバート・キヨサキは1947年生まれのアメリカ投資実業家。日本国内で累シリーズ計300万部、全世界で2800万部売られており、全世界51カ国で売られている世界的ベストセラーです。

立派な仕事についているがお金に困っている実の父(貧乏父さん)と、ビジネスを起こしお金の稼ぎ方を知っている友人の父(金持ち父さん)。二人の父親の考え方を元にお金持ちと貧乏人とを分けるお金に対する考え方が書かれています。

 

資産と負債の定義に驚いた

資産と負債についてこう書かれています。

資産は私のポケットにお金を入れてくれる。負債は私のポケットからお金を取っていく

この考えにもとに多くの人が資産であると考えている「持ち家」を負債と言い切ります。持ち家を持つことで多額のローンを背負い毎月ローンを支払う状態はまさに「私のポケットからお金をとられる状態=負債というわけです。
自分もこの本を読むまで持ち家は資産だと思っていました。自分も住宅ローンを支払っていますが、まさに負債です。

逆にポケットにお金を入れてくれるもの=資産として、ビジネス、株、不動産となっています。お金持ちは資産を増やし、資産から得たお金でまた資産を買いいっそうお金持ちになっていくとのことです。

 

お金のために働かない、お金を働かせる

お金持ちはお金のために働かずお金を働かせると書いてあります。たいていの人は(自分も含めてですが)働いて給料をもらうために生活をしています。それは間違っていると書かれています。仕事は自分が学ぶためにすることだということです。例えばお金の知識を得るために会計自事務所に就職したり、セールスを学ぶために営業職になるなど自分の目的のために仕事をするとのことでした。
仕事をしてスキルアップするということだと思います。キャリアアップと違うのはこの本ではたくさん稼ぐのではなくビジネスを立ち上げることを教えているので、起業のためのスキル集めという意味だと思います。

 

さいごに

この本を読んで内容に驚きました。まさしく「貧乏父さん」のようになっています。その理由が本書にも書かれています。

世の中には、忙しい人間が一番怠けているということがよくある。お金を稼ぐためにせっせと働いていたビジネスマンが仕事以外のことを怠けたために道をあやまった・・・

自分はとても忙しい時期があり、給料はよかったのですがずっと仕事をしていました。働くのに精一杯で家庭のことお金のことおろそかになっていました。もしかすると忙しくてもしっかり生活とお金を整えていれば、貧乏とうさんよりではなく金持ち父さんへのきっかけくらいは掴んでいたかもしれません。

この本を読んだことで、自分が貧乏父さんのような考え方になっていると感じました。

貧乏父さんのようにならないようにお金について学び、実践していきたいと思います。